THE FAB FOUR ARCHIVES - 私設ビートルズ資料館
RSS

最新記事

ポール・マッカートニー日本公演とその前後の行事
映画「愛しのフリーダ」
Listening Party: History of Paul McCartney
丸山公民館のレコード鑑賞会、無事終了!!
NHK-FM千葉のブログに記事が掲載されました。

カテゴリー

ニュース
支援
資料館
音楽
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ポール・マッカートニー日本公演とその前後の行事

11月9日、東京都文京区のアカデミー音羽でのListening Party: History of Paul McCartneyには、大勢の方々にご来場いただきました。40曲を3時間30分でかけるという少々無謀な企画で、終わりの方では端折ってしまいましが、皆様には普段聴く機会がなくなったアナログで、ポールの作品集をお楽しみ頂けたのではないかと思っております。
 
11月17日、銀座山野楽器にて、藤本国彦さんとトークをする形で高音質アナログ試聴会を実施。こちらも大勢の方にお越し頂き、無事終了いたしました。終了後すぐに有楽町の角川シネマへ移動し、「愛しのフリーダ」最速上映会に。フリーダ・ケリーさんが登壇され、会場からの質問にユーモアを交えて丁寧に答えれおられました。終了後、藤本国彦さんのお取り計らいでフリーダ・ケリーさんにお会いしてお話する機会があり、こちらからはMichelleという日本酒(ビートルズの曲「ミッシェル」を流して熟成したお酒=まろやかな味になるそうです)をプレゼント致しました。笑顔のとっても素敵なフリーダさんでした。
 
11月18日、21日、ポールの東京ドーム公演へ。夕方頃からリハーサルを見学し、夜はコンサート本番。ポールは1日合計3時間半近く歌っていたことになります。おそるべき71歳!!日本公演最終日となる21日は、ポールの素晴らしいパフォーマンスと5万の大観衆による大声援、そしてフリーダさん、アメリカ駐日大使のキャロライン・ケネディさんも見守った、おそらく後世にも語り継がれるであろう名演となりました。