THE FAB FOUR ARCHIVES - 私設ビートルズ資料館
Records
 
 
1. Singles
 
 
 All You Need Is Love  tri-centre (UK)
 
UKオリジナル・シングルで珍しいものは、このAll You Need Is Loveのtri-centre(三角センター)ではないでしょうか。
 
アメリカのビートルズ研究家のブルース・スパイザーによると「ソリッド・センターのシングルをくりぬいたものではないか」とのことですが、謎が多い1枚です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Please Please Me  tri-centre with red labels (South Africa)
 
 
珍しい南アフリカのtri-centreのレッド・レーベルの“Please Please Me”。三角のセンターに赤いレーベルがとてもレトロな雰囲気を醸し出しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Please Please Me  Demonstration Record (UK)
 
Please Please Meのデモンストレーション・レコード。パーロフォンの白いレーベルに、A面には赤く大きなAのマークがあります。(B面はマークなしの白レーベル)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Penny Lane Promotion Record (US)
 
Penny Lane/Strawberry Fields ForeverのUSプロモーション・レコードです。Penny Laneで、通常monoのレコードでは聴けないトランペットのエンディングが聴ける、ミックス違いの大変希少なmonoのレコード。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Something/Come Together Demonstration Record (UK)
 
Something/Come Togetherのデモンストレーション・レコード。市販されたレコードはアップル・レーベルですが、このデモ盤は緑に白のAマーク(B面は緑)のパーロフォン・レーベルという珍品。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Girl Promotion Record (US)
 
アルバム“Love Songs”が発表された時にシングル・カットが予定されていたのがこの“Girl”です。このプロモーション・レコードとスリーブまで作られていましたが、結局リリースされませんでした。
 
このプロモーション・レコードは両面とも“Girl”で、monoとstereoで収録されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑦ Let It Be (UK Apple Export)
 
シングル“Let It Be”はUKオリジナルはアップル・レーベル、export(輸出用)レコードはパーロフォン・レーベルなのですが、これは大変珍しいアップル・レーベルのUK export。レコード番号がPで始まります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑧ My Bonnie (Germany)
 
ビートルズの演奏が初めてレコードとなったものがこのドイツ盤シングル“My Bonnie”で、1961年にドイツで録音されました。その後、1962年にブライアン・エプスタインが経営するレコード店にこのレコードを買いに来たファンがもとで、エプスタインがビートルズを知ることになります。
 
上がドイツ語のイントロで始まるバージョン、下が英語イントロのバージョンのシングルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑨ I Saw Her Standing There (India)
 
こちらはインド盤レッド・パーロフォン・レーベルの“I Saw Her Standing There”です。1964年のリリースとのことで、おそらくSP盤と同時期に発売されていたのだと思われます。よく見るインド盤は殆ど黒のパーロフォン・レーベルなので、この赤レーベルのシングルは非常に数が少ないと思われます。SP盤と同時期に作られていたことも謎です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2. LPs
 
 
 McCartney UK promo LP (1U/1U) with yellow promo sheet
 
ポール・マッカートニーのソロ・アルバム“McCartney”のプロモーションLPです。両面ともマトリックス1Uで、大変良い音で聴くことができます。曲解説の黄色いシートが付属しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② Yellow Submarine (UK Export)
 
Yellow SubmarineのUK export盤です。輸出先の国のレーベルに合わせるために、アップルではなくオデオンのレーベルが使用されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. Metal Acetates
 
① Mother (UK alternate version)
 
 
ジョン・レノンの“Mother”のUK7インチ・メタル・アセテートです。このアセテート収録のミックスは未発表。発表された正規バージョンより、こちらの方が生々しい感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② Leave My Kitten Alone (UK & US)
 
ビートルズの未発表曲を集めたアルバム “Sessions” が1980年代半ばにリリースされる予定でしたが、結局ボツとなり、シングル・カットを予定していた“Leave My Kitten Alone”のスリーブは既に大量に作られており、その後外部へ流出します。これはその発売予定だった“Leave My Kitten Alone”のUK及びUSのアセテート盤とスリーブ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4. 78 rpm
 
レコード紹介の最後は78回転盤、いわゆるSP盤です。殆どの国で1960年までにSP盤の製作が終了していましたが、ごく一部の国ではまだ作られていました。ビートルズのSP盤はインド、フィリピン、アルゼンチン、コロンビア盤が確認されています。
 
 
① Can't Buy Me Love (India)
 
こちらはインド盤の“Can't Buy Me Love”。真っ赤なパーロフォンのレーベルです。SP盤はシングル同様、片面に1曲ずつ収録されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② I Should Have Known Better (The Philippines)
 
これはフィリピン盤の“I Should Have Known Better”です。赤いレーベルに青いパーロフォンの文字。もうひとつ黒いレーベルに黄色の文字の盤もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③ A Hard Day's Night (Colombia)
 
こちらはコロンビア盤の“A Hard Day's Night”です。レーベルはオデオン。
 
SP盤を何枚か聴いた限りでは、このコロンビア盤の音が良かったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tapes
 
 
1. Reel-to-reel Tapes
 
Please Please Me   stereo (UK)
 
UKのステレオREEL-TO-REELテープのPLEASE PLEASE MEです。
 
PPMのモノのテープは数が多いのですが、このステレオは非常に少なく、曲順もLPとは違っています。(因みにモノのテープはLPと同じ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 McCartney mono (UK)
 
本国イギリスでは、ビートルズのレコードは1969年以降stereoのみで製作されていましたが、リール・テープは依然としてmonoでも製作されていました。この “McCartney”以外にも“Abbey Road”や“Let It Be”もmonoのテープが存在します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2. Cassette Tapes
 
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (UK)
 
オリジナル・アルバムとしては世界初のビートルズのカセット・テープ。薄緑のレーベルが初版。